有機体

哲学徒二年生

プラトン

プラトン『パイドン』一読

《われわれはどこから来て、どこへ行くのか》この種の言説は、哲学の入門書の冒頭によく用いられる。それは哲学的に原初的な問いでありながら、しかし自己に対して切実な問いである。 ソクラテス以前の哲学者たちは、専ら《自然(フュシス)とは何か》について…

プラトン『クリトン』一読

ソクラテス以前の哲学者たちは、世界とは何か、自然とは何か、について考えていた。例えば最初の哲学者と評されるタレスは、万物の始源は水であるとした。アナクシマンドロスはト・アペイロン(無限なるもの)を考え、アナクシメナスはアーエール(空気)を考え…

プラトン『ソクラテスの弁明』一読

孔子、ブッダ、イエス、ムハンマド、そしてソクラテス――古来「聖人」と呼ばれてきた彼らは、自らは書物をひとつも著さなかった。彼らがいかなることを語りそしていかに振舞ったか、それは主に彼らの弟子たちの証言を通して知られるのみである。 ソクラテスが…

プラトン『エウテュプロン』一読

最初の投稿から間ができてしまった。あまり妥協したものも書きたくないので、更新は文章がまとまったときに限らせていただきたい。 さて、ポケモンGOの配信が開始されたときに、流行りに乗じて「プラトンGO」を始めようと決めた。すなわち、プラトン全集を1…