読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有機体

哲学徒二年生

2016.12.31 世界分岐

「被抑圧者の伝統は、ぼくらがその中に生きている『非常事態』が、非常ならぬ通常の状態であることを教える。ぼくらはこれに応じた歴史概念を形成せねばならない。このばあい、真の非常事態を招き寄せることが、ぼくらの目前の課題となる。…」 (ベンヤミン『…

2016.12.25 クリスマス

今日はクリスマスで、かつ安息日である。私は初めて教会に行ってきた。ひとりで。 初めは行くのに抵抗があった。書物において宗教を眺めるのと、実際にその場を体験するのはやはり異なる。教会に向かいながら、本当に私はこれから教会に行くのか、やはりやめ…

2016.12.16 深夜

最近はよく空を見上げる。とりわけ、月を眺める。 太古の人々は、月を眺めて何を考えたのだろうか。毎晩月を眺めてみると、毎日同じくらいの時間にある決まった場所から月が現れ、日によって形が変わったりする。しかもその形の変化の周期が潮の満ち引きと関…

2016.10.02 落日

夏はいつの間にか終わっていた。太陽は日々に新しい。同じ川に二度入ることはできない。同じ夏は、二度と来ない。 夏休みは始まる前が一番楽しかったりする。自分のやりたいことをあれやこれやと夢想して、結局やれたことはどれほどあるだろう。 いつまでも…

2016.09.09

はてなブログを始めた。noteもいいですがそろそろ拠点を、と本名もハンドルネームも知らない誰かにアドバイスされたから。私の行動の動機なんてそんなものだ。 投稿する内容は少しだけ変えようと思う。これまでは過去や現在の内面記述やそこから得た哲学的(…